systemd.service の記述

ウロウロしてたら見つけたので、サンプルとして「mysqld.service」の設定ファイルをメモ

#===============================================================
[Unit]
# 説明文
Description=MySQL Server
# このサービスを起動するのに必要なユニット
After=network.target syslog.target
# このサービスを必要とするユニット
Before=postfix.service dbmail-imapd.service dbmail-lmtpd.service dbmail-pop3d.service dbmail-timsieved.service

[Service]
# 起動方法
Type=simple
# 起動/終了コマンド
ExecStart=/usr/bin/mysqld_safe
ExecStop=/bin/kill -15 $MAINPID
# 実行ユーザー
user=mysql
# プロセスIDファイル
PIDFile=/var/run/mysqld/mysqld.pid
# 終了時(起動失敗も含む)の再起動指定
Restart=always

[Install]
# 有効にした場合の組み込み先(ランレベルの指定も含む)
WantedBy=multi-user.target
#===============================================================

実際ちゃんとわかってません。。。
コピーしてきただけです。